秀杖会

一角流十手術

一角流十手術とは、神道夢想流杖術と共に福岡藩(黒田家)に伝えられてきた武術で、神道夢想流杖術三代目の松崎金右衛門あるいは権藤角衛門好正が流祖と言われております。嘗ては手棒術とも言われていたようです。

通常用いる十手は稽古用の物ですが、本来は鍛鉄製で、径は六角を成し、長さ一尺二寸、鉤の内側に刃が付いているのが特徴であります。また、町方ではなく武家の十手術であるため、鉄扇を多く用いており、二刀の操法にも相通ずる所があります。
技の特徴は、「振り下ろす 太刀の下こそ 地獄なれ ぐんと踏み込め 後は極楽」の古歌で現される様に「入身」を極意とし、体術の要素を多く含んでおります。

関連情報

古武道/古武術

本来、武道/武術に「古い」も「新しい」もありませんが、一般に武道と言えば、剣道、柔道、弓道、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなた等の現代武道を思い起こし、古武道/古武術と言った場合は漠然とした古い武道との認識かと思います…

併伝武術

元々の古武道は現代武道とは異なり、あらゆる得物を使いこなせる総合武術でした…

神道流剣術

神道流剣術とは、神道夢想流杖術の一部である大太刀八通、小太刀四通の刀法の事であります…

内田流短杖術

内田流短杖術とは、内田良五郎が明治維新後に考案したステッキを使用する武術です…

一心流鎖鎌術

一心流鎖鎌術とは、神道夢想流杖術と共に福岡藩(黒田家)に伝えられてきた武術で、念流の祖である念阿弥慈恩が流祖と言われております…