秀杖会

形稽古について

杖道の稽古形態は主に形稽古ですが、元々日本に於ける文化や技術の伝承形式として「形」あるいは「型」があります。杖道では通常「形」の文字を使用しますが、伝統芸能はじめ一般には「型」の文字を使用する事の方が多い傾向にありますので、ここでは主に「型」として記載します。

最近は「型にはめる」と言えば、自由を奪う事と勘違いされている風潮がある様に思います。良い意味で「型破り」と言う言葉が使われる事はありますが、これは基本的な「型」があって成り立つ言葉であり、これ無くしては「形無し」、すなわち無秩序になってしまいます。「型」は外観を繕っているものではなく、経験や必要性を実用のために再現出来る様にした優れた伝承形式です。そこには、無駄を無くし洗練された、実用性による機能美もあります。

古武道/古武術の技の多くも「型」として残されてきました。一般の方々の武道に於ける「型」への認識は、「実際に打ち合うのではないから安全」「形(かたち)だけを覚えれば良いから簡単」「実戦では役に立たない」といった処ではないでしょうか。しかし、実際の「型」の稽古は異なります。打ち合わず手前で止める事は防具を着用しないため危険を伴うからであり、形(かたち)だけで稽古をしていると理合が解らず怪我もします。実戦で経験した技、あるいはそれらのものに創意、工夫を加え、その技を再現出来る様にした究極のマニュアルが「型」なのです。そして、優れた「型」は感性を持ち、古よりの流儀の精神をも伝える事が可能と成り得ます。

関連情報

十戒

当会では発足当初より、社会性、道徳性を重要視し、常識人による充実した組織作り、人材育成、良い環境作り、更には危機管理上の事も考慮し、十項目の約束事を課してきました…

入会/見学について

「秀杖会」が統括しております東京(小金井杖道会/国立杖道会/一橋大学杖道部/府中杖道会/昭島杖道会)、埼玉(所沢杖友会)、山梨(甲府杖道会)、新潟(新潟杖道会)の各稽古会場について御紹介します…

武具について

杖道で使用する武具は、杖、木刀、稽古着(剣道着、袴、帯)が必要です。一般の方では武具を選ぶ事は困難ですので、当会に入会希望の方は入会時に御相談下さい…

武道経験について

当会では杖道を習い始めるにあたり、特に武道経験の有無は問いません。当会には剣道、居合道、合気道などの他武道経験者もおります…

各稽古会場案内

小金井杖道会、国立杖道会、一橋大学杖道部、府中杖道会、昭島杖道会、所沢杖友会、甲府杖道会、新潟杖道会