秀杖会

十戒

当会では発足当初より、社会性、道徳性を重要視し、常識人による充実した組織作り、人材育成、良い環境作り、更には危機管理上の事も考慮し、十項目の約束事を課してきました。一般的な道場訓の様なもので特別に難しい事ではなく、武道に限らず習い事に於いては極めて常識的な事で、会員の間では「十戒」と呼ばれる下記事項です。これを遵守する事により共通した感性を持った人々が集まり、より良い人間関係が保たれております。

  • 一、杖道を始める動機は自由であるが、見せ物、格好付け、暴力の手段とはしない事
  • 一、挨拶をする事
  • 一、清掃をする事
  • 一、年齢、性別に関係なく横の付き合いをする事
  • 一、武具、稽古着等は大切にする事
  • 一、指導には従う事
  • 一、勝手に他所で稽古及び試合等をしない事
  • 一、勝手に指導をしない事
  • 一、本業と家庭を大切にする事
  • 一、教えを受ける側として相応しい人間である事

関連情報

入会/見学について

「秀杖会」が統括しております東京(小金井杖道会/国立杖道会/一橋大学杖道部/府中杖道会/昭島杖道会)、埼玉(所沢杖友会)、山梨(甲府杖道会)、新潟(新潟杖道会)の各稽古会場について御紹介します…

武具について

杖道で使用する武具は、杖、木刀、稽古着(剣道着、袴、帯)が必要です。一般の方では武具を選ぶ事は困難ですので、当会に入会希望の方は入会時に御相談下さい…

形稽古について

杖道の稽古形態は主に形稽古ですが、元々日本に於ける文化や技術の伝承形式として「形」あるいは「型」があります…

武道経験について

当会では杖道を習い始めるにあたり、特に武道経験の有無は問いません。当会には剣道、居合道、合気道などの他武道経験者もおります…

各稽古会場案内

小金井杖道会、国立杖道会、一橋大学杖道部、府中杖道会、昭島杖道会、所沢杖友会、甲府杖道会、新潟杖道会