秀杖会

「杖道」とは

「杖道(じょうどう)」とは「杖(じょう)」すなわち、杖(つえ)を使用する武道です。普段、皆様が馴染んでいるとすれば、それは警視庁、及び各道府県警機動隊が所持している警棒より長い棒ではないかと思います。これは長さ四尺二寸一分、直径八分の樫の木で出来ており、これを警察関係では警杖と言い、これを使う技を「警杖術」、一般には「杖道」と言います。杖道の歴史を辿りますとこれは古く、今から四百年前に夢想権之助勝吉が編み出したものと言われております。この技を「神道夢想流杖術」と言い、代々筑前の福岡藩(黒田家)に伝わって参りました。

この「神道夢想流杖術」が昭和の初めに警視総監であった宮田光雄の目に留まり、昭和8年に創設された警視庁機動隊の前身である特別警備隊に採用された事により、これ以降、警察関係では「警杖術」として、一般には「杖道」として普及して参りました。

関連情報

杖道/杖術の歴史

杖道の歴史を辿りますとこれは古く、元々は古武道である「神道夢想流杖術」を基としております…

「杖道」と「杖術」

明治時代以降、以前は流儀名や「武術」「柔術」「剣術」「弓術」等の術名で呼ばれていた各武術も、近代になると嘉納治五郎が創始した講道館柔道に習い、「術」を廃し「道」への切り替えが行われ、「武道」「柔道」「剣道」「弓道」といった用語が広く使われるようになりました…

古武道/古武術

本来、武道/武術に「古い」も「新しい」もありませんが、一般に武道と言えば、剣道、柔道、弓道、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなた等の現代武道を思い起こし、古武道/古武術と言った場合は漠然とした古い武道との認識かと思います…

警杖術

警杖術は、神道夢想流杖術の併伝武術ではありません。警視庁および各道府県警機動隊が所持している警棒より長い棒を警察関係では警杖と言い、これを使用する技を警杖術と言います…